2リットルの水で得るすこやかさ

 


以前は早起きが得意だったのに、最近、朝スッキリ起きることができなくなっていました。

単なる寝不足かな?と思って日付が変わる前に就寝するようにしてみたものの、全く改善されず……。
それに加えて冷えなどとは無縁だったはずなのに、いつのまにか手先足先の冷えに悩まされるようにもなりました。

そんな折、友人が言っていた「1日水を2リットルくらい飲むとなんだか調子が良い」という言葉を思い出して、いや〜〜、そんな水くらいで……まさか……と疑いながらも試してみることに。

体重から必要水分量を計算すると自分にはぴったり2リットル必要みたいだったので、1リットル入る強化プラスチックの水ボトルをAmazonで購入。
常温の水をいれたボトルを2回空にする、ということを目安に、日常の中で意識して水を飲み始めました。

開始から数日はお手洗いが近くなるだけで特に変化はなく、ややがっかり。
でも1週間が経つと、以前のように朝スッキリ起きることができるようになりはじめたのです。

一体どういう仕組みなのでしょうか。
科学的な根拠はあるのだろうかと思って調べたところ、ちゃんと説明されていました。
それによると、水をしっかりと飲むことで血液の水分不足が改善し、血流が良くなる。そして血流が良くなることで、自律神経のバランスも整うらしいのです。
また、水をしっかり飲んで血流が良くなると、酸素や栄養をスムーズに体の各所へ運べるようになって、代謝が上がるとのこと。

ヒトの体は成人だと約60パーセントが水分でできているそう。
きちんと水分をとることは私が思っていたよりもかなり大切で、体の働きを良くするためにかなり重要なことなのだ!と、実際に自分で体感して初めて知りました。

でも、水分をちゃんととることで代謝が良くなっているからなのか、最近すごくお腹が空いてしまうようになってしまい……。

朝昼晩しっかり食べ、よく動き、よく喋り、よく眠る……という、子供のような健やかさの29歳になってしまいました。