楽しい動画制作

 


昨年から文筆家・末埼鳩さんと動画作品を作っています。

短編の連作もので、タイトルは「floating bottles」。
海に物語を入れた小瓶を流すように、あるいはそれを受け取るように、というテーマから、このタイトルになりました。

作品を作る時はそれぞれの得意領域を活かし、動画と音楽を自分が、文と朗読を鳩さんがやっています。

ライン通話でおしゃべりをしていた時にアイディアが出たこの動画作品。
私自身、写真以外にもいつか動画を作りたい気持ちがずっとあったので、ワクワクしながらスタートしました。

最初は「形にできるかな?」とやや不安でしたが、出来上がってみると「いいじゃん!」となってすごく嬉しかったのを覚えています。

ちなみに制作フローは、

①私が動画を作りGoogleドライブで共有
②鳩さんがそこからイメージした文章を書き、さらにその文を朗読した音声を録音して共有
③その朗読に合う音楽を私がGarageBandで作る
④字幕、タイトルなどを作って仕上げる
⑤鳩さんがYouTubeにアップロードし、それぞれのTwitterでも公開

という感じ。

スローペースではありますが、現在も制作は続いていて、これを書いている今から1時間ほど前に3回目となる動画(仮完成)を鳩さんに共有しました。

自分の作ったものを渡して、どんなイメージの文章と朗読がかえってくるのか、この工程はちょっとどきどきする時間です。

緊張と、楽しみな気持ちと、ちょっとの気恥ずかしさ。
私はびびりなので、ものを作ったり文章を書いたりして、それを誰かに見せる時というものは、いまだに(仕事でも!)ちょっと恥ずかしい気持ちになります。

映像と音楽と文と朗読、3作目がどんな雰囲気の動画になるのか私にもまだわかりませんが、わからないからこそ楽しみでもあります。


最後に今までの2作のYouTube動画も貼り付けておくので、ぜひ見てみてください!